• 家族葬での葬儀のメリット

    家族葬とは家族、親族などの親近者だけで葬儀、葬式、火葬までを行います。

    知人、友人などの参加は基本的には参加しません。

    以前は密葬というスタイルがありました。

    密葬は火葬までは親近者で行いますが、後日本葬が行われます。その点、本当に親近者だけで火葬まで行うのが密葬とは異なります。



    家族葬のメリットは本当にシンプルな形での葬儀、葬式のスタイルになりますので、葬儀にかかる費用が少なくて済みます。


    現在の葬儀のスタイルですと葬儀全体にかかる費用として200万円以上かかることも全然珍しくありません。この費用が遺族にとっては負担となります。
    もちろん、香典である程度の費用は補てんできますが、出費の多いのが現実です。そのため家族葬を行うことで費用を抑えることができるのが大きなメリットです。

    葬儀、葬式にかかる費用は事前に見積もりを取得したり、複数の業者から見積もりを取得するなんて時間はありません。
    病院で亡くなったらすぐにどこかにご遺体を運ばなくてはなりません。



    ですので、ある程度、葬儀業者からのいいなりな部分に費用がなってしまう部分も問題としてはあります。

    このため、密葬というスタイルで本葬をなしにした家族葬という葬儀スタイルが近年流行しつつあります。


    また、費用面だけでなく、核家族化などから知人が全国に多くいることがあるので、参列者も遠くに行くのは大変です。


    今後はさらに簡略化した葬儀にスタイルも出てくるかもしれません。