• 家族葬に関する事について

    人は生きている限り必ず死が訪れます。

    それは自分自身が死んでしまったり、身内の誰かが亡くなることもあるのです。これは生きている限り避けることはできません。
    そのため自分の死や身内の死を真剣に考えてみることは非常に大事です。また人が亡くなるとそれで終わりというものではないのです。

    人が亡くなることで多くの費用がかかるものなのです。



    それは人が亡くなると葬式と言うセレモニーを行ったり、火葬や埋葬をする必要があるからです。



    一般葬といて多くの人に訃報を伝え参列してもらう葬式は非常に費用がかかるのです。


    一般葬の相場は、100万円以上と言われています。
    特に身内が亡くなってしまい悲しみに暮れていると、葬儀社の言いなりになってしまい、非常に高額な葬式を選択し後で非常に痛い思いをすることも珍しくありません。

    こうした事態に遺族があわないためには生きていて元気なうちから身内や自分の葬儀に関して検討しておくと良いでしょう。

    特にあまりお金を葬式に欠けることができない場合には家族葬選択すると良いでしょう。
    家族葬はごく限られた身内だけが参列し、小規模の葬式なのでそれほど費用がかかりません。

    家族葬の相場は30万円前後と言われ、自分でも充分葬式代として積み立てできる費用と言えるでしょう。家族葬は多くの参列者に挨拶や返礼をする必要もなく、じっくりと故人に向き合ってお別れの挨拶を出来るのが最大の魅力です。

    そのためかえって家族葬にしてよかったという遺族も少なくないのです。