• 家族葬の葬儀の注意点

    葬儀、葬式にかかる費用は近年、高齢者とその家族を悩ませる問題の一つです。
    葬儀、葬式にかかる費用が高い原因の一つが複数の会社から見積もりを取得する時間がない点です。

    そのため、葬儀会社の言いなりになってしまう部分があります。そのため、費用が高いのです。
    そのため、なるべくシンプル、質素な形で葬儀を行う家族葬のスタイルが増えてきています。



    家族葬は基本的に参列者は家族、親族のように親近者だけで葬儀、葬式を行います。
    知人な参列しないので、お通夜振る舞い、香典返しも少なくてすみます。
    しかし、費用に関しては注意が必要です。
    家族葬でも葬儀会館を利用するのであれば、ある程度の広い会場、親族控室を利用します。



    葬儀会館歯は狭い会場を用意していないケースもありますので、利用料は変わらない可能性もあります。


    また祭壇の飾りつけなどの費用も家族葬でも変わりません。



    また、知人が参列しませんので、香典が低額になってしまいます。
    通常の葬儀会館を利用したケースですと思ったよりも自己負担が大きくなるケースもあります。
    家族葬での葬儀は、自治会、町内会からの支援も受けられないため、自宅での葬儀はできません。

    近親者のみの葬儀のため友人、知人への連絡も手紙での連絡になります。
    それを知って、別途、自宅を訪ねてくる人も複数人あるでしょう。その準備も必要です。テレビ、雑誌などでも取り上げられているのですが、まだまだ十分浸透していない葬儀スタイルですので事前に葬儀会社に確認しておくのがいいでしょう。