• 家族葬のことならおまかせ

    昨日まで元気であっても、ある日突然人が亡くなることがあるのです。


    それは事故であったり、病気になって亡くなることがあるのです。


    そのためいつでも会える、いつでも一緒に過ごせるという価値観を持たない方が賢明であると言えるのです。



    今日と言う日は二度となく、いつもあっている人ともいつでも当然のように会えるものではないことを心得ておく必要があるのです。
    また人が亡くなるということは自分もいつか必ず死を迎えるということなので、その準備をしておいたり計画を立てることは大事なのです。
    特に葬式をどのようなものにするかということは元気なうちから計画しておく必要があると言えます。
    自分の葬儀に対して無責任であると、葬儀費用や段取りなどをすべて遺族任せにしてしまい、迷惑をかけることになるからです。
    しかし現代はデフレ経済で不況であり、収入も不安定であり貯蓄が潤沢にある人は少ない傾向にあります。



    また年金生活者であると一般葬の費用を捻出するのは不可能と言えるでしょう。

    そこで現代において非常におすすめの葬儀スタイルがあるのです。

    それは家族葬と言う葬儀スタイルです。


    家族葬は親戚や家族だけのごく限られた人だけの葬式スタイルを指すのです。

    家族葬は小規模で小さな会場で済み、返礼品や食事の用意をする必要がないので非常に安く葬式を執り行うことができるのです。


    しかし棺や霊きゅう車、供花などは一般葬と何ら遜色ありません。



    家族葬は身内だけなのでアットホームな葬式を行うことができます。